2013.10.11 記憶の崩壊
ボカロ新曲アップしました!
初レンくんです^q^最後まで聞いて頂けたら嬉しいです。



お借りした写真はtelpher(テルハ)さん、感謝です!

都会のクレバス powered by ピアプロ
テルハさんの写真はどの作品も素晴らしい雰囲気と世界観があって大好きです。




以下、恒例の、作曲について長々ひとりごと云々…
作曲面にご興味ない方には毎度申し訳ございません、飛ばしてくださいね。




ずっと「りんちゃんかわいいりんちゃんりんちゃry」と言っていたので
りんちゃんでくると思いきや、レンくんでした(てへ

そしてまたなぞのジャンルの曲です…;

今回は元々書き留めてあった詞に、
急に、レンくんのイメージで曲が降りてきた感じでメロの原型ができました。
それから構成を悩んで、おおよその形にしてからが長かったです。

使う音にものすごく悩みました。
聞いて頂く上で、耳障りでない音(ノイズ)はどれか、
この音を抑えるには・混じり合わせるには、どうすれば良いのか…など
想像した感じとどこか違うようにしかできなく
なかなか思い通りの音で作る事が出来ないでいました。

前作・次予定作も並行しながら製作していましたが
決して焦らず、を念頭に、少しずつ削っては足し上げては下げ、などを繰り返し、
思っていた音に近づけられました。
全体の構成は実はもう少し長めでしたが、
聞いて頂けそうな限界のこの構成と長さに決定しました。

そして毎度の如くmixで試行錯誤…
使い慣れていない音を入れると、その1音の所為で途端に加減が分からなくなるのは、
もっともっと作曲して経験詰まないと克服できないなと思いました;

ただ、これだけいじって悩んで云々していれば、普通何かしら進歩あるだろうに…
まさか何も無い?!…と思って考えてみたところ、
以前よりほんの少し、、、ほんのすこーしだけ、コンプの使い方(意味)が
分かってきたかもしれません…(そこ一番肝心なとこなんですけどね…;)

他の作曲者の方が私のプロット見たら「全然分かってないwww」って笑われると思うので
恥ずかしくて絶対に見せれませんがw

そんな分かったつもりの私ですが、結局、全体の音量を上げることができませんでした…
また音の小さい動画で本当申し訳ないです…><
本当、どうすればいいんだろう…毎回試行錯誤;;

あ、あと、エンコード失敗したのかな…これでいいのかな…
わからないけど、なんか音が潰れてしまった感じが…;;

歌詞についてですが、今回はタイトルの無い詞だったので
タイトル付けが最後になりました。
Collapse of memories(記憶・思い出の崩壊)
色々悩みましたが、ストレートに。

君が居なくなった瞬間から時間が止まったままの僕…
綺麗な君…の思い出が崩壊していく音だけが動いて…見える…

感じた記憶、崩壊のノイズ、戻らない過去…
そんなイメージで作りました。

本当はもっともっと切なさ全開、後半のサビであざといほどの盛り上がり…
を表現したかったのですが、どれだけやっても今の私には出来なかったので
今出来る精一杯でがんばりました。

どのレンくんに歌ってもらうかでも試行錯誤しました。
当初はAct2のレンくんorレンcoldで進めていましたが、
思った以上にレンpowerの声の伸びが綺麗過ぎてびっくりしました。
サビで決定的だったので、レンpowerに決定。
もっともっと歌い上げさせたかったです^q^
コーラスがレンcoldです。

レンくん、いいですね…w



では歌詞を置いておきます


◇Collapse of memories◇

ソファーに座り
頭の上を、土が飛ぶ。
君が呼ぶ
手を伸ばす
左側からすり抜ける

フェンスを登り
固く握った 爪、爆ぜる。
背の影のビルの上
「ヒーローみたい」 笑う君

感じるのは
昨日の君
止まった時間を見つめて
僕は
壊れてる

感じるのは
綺麗な君
止まった時間を見つめて
僕は
壊れてる

昨日の君…

綺麗な君…




-----------------


コソーリ…

そしてなんと…
以前、コラボ製作させて頂いた「One night」という曲ですが、
原作者ご本人の加賀谷玲さんが、このコラボ作品をご覧下さっていました!!




恐縮ながらもツイッターにてお話させて頂いたのですが、本当に感激してしまって…;;

コラボしてくださった皆様に感謝です><。
皆様のご協力あっての作品です…勝手に思い入れが深くてすみませんが…
改めて、riverさん、いそう凪さん、ロッカさん、ありがとうございました!!!
そして素晴らしい楽曲を作られた加賀谷さんに大感謝です。

(つД`)・゚・<ここ皆さん読んでくれてたらいいなぁ…
願いをこめて…



Read more・・・
スポンサーサイト